SSブログ
└ うなぎ ブログトップ
前の3件 | -

うな丼 うな正@神田 [└ うなぎ]

東京都千代田区内神田の うな正うな丼 を食す。


最寄り駅はJR山手線・中央線「神田駅」
駅西口から徒歩2分ほどの場所にある。
5712090121_01.jpg

1983年創業の
やわらかさを引き出す関東風のうなぎが楽しめるうなぎ屋さん。

ちなみに“関東風”とは、背開きにして一度白焼きしたものを蒸してから再び焼く調理法のこと。



お店外観はこんな感じ。
5712090121_02.jpg


ランチタイムに訪問。

したら店内満席だったので店頭ディスプレイを眺めながら待つこと10分ほどで入店。
5712090121_03.jpg


卓上には、山椒・醤油・うなぎのタレ・爪楊枝・割り箸。
5712090121_06.jpg


メニューはこんな感じ。
5712090121_04.jpg

5712090121_05.jpg

 ・うな丼         ¥990
 ・うな丼ダブル     ¥1,880
 ・うな重 梅      ¥1,370
 ・うな重 竹      ¥2,080
 ・うな重 松      ¥2,580
 ・うなぎ茶漬け     ¥1,300
 ・特上         ¥3,100


注文すると同時に、お茶・お新香・お吸物 登場。
5712090121_07.jpg


そこから4分ほどで、肝焼き(¥280) 登場。
5712090121_08.jpg

5712090121_09.jpg

ほろ苦さと甘さ控えめのタレがマッチした一本!


さらに2分ほどで、うな重(¥990) 登場。
5712090121_10.jpg


じゃん!
5712090121_11.jpg


白米の上にどーんとのるうなぎ!
5712090121_13.jpg

これで1000円をきるお値段!



それでは、いただきまーす!
5712090121_12.jpg


ひょいっ!
5712090121_14.jpg

ぱくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


静岡からその日のうちに直送された国産うなぎを亭主自ら捌いているだけあって、ふっくらとやわらかで脂もさっぱり!
甘さ控えめの自家製ダレと相まって美味な仕上がりー!

さらに硬めに炊かれた白米との相性もばっちりー!


というわけで、山椒をかけていただきながら
5712090121_15.jpg


必殺!鰻×鰻肝×白米マリアージュ発動!
5712090121_16.jpg


そのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。
5712090121_17.jpg

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.5点)
   量  :☆☆☆(3.3点)
   値段 :☆☆☆☆(4.0点)

   総合 :☆☆☆(3.5点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


神田駅近くに構えるリーズナブルに鰻が楽しめる鰻屋さん『うな正』。

1000円以内でしっかりと職人さんが捌いた本格鰻が楽しめるだなんてコスパ良すぎ!

次回はご飯の中に鰻がもう一枚入るという『うな丼ダブル』をいただいてみなくては。


こちらのうな丼を食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



店名:うな正
住所:東京都千代田区内神田3-11-1 三惠ビル1F
電話:03-3256-9288
時間:月~金10:30~14:00(L.O.13:50),15:00~21:00(L.O.20:50)、土10:30~14:00(L.O.13:50)
定休:日・祝
URL:http://unasho.jp/
食べログ:うな正うなぎ / 神田駅新日本橋駅淡路町駅









nice!(35)  コメント(2) 

ひつまうな太郎 入谷鬼子母神門前のだや@入谷 [└ うなぎ]

東京都台東区下谷の 入谷鬼子母神門前のだやひつまうな太郎 を食す。


最寄り駅は東京メトロ日比谷線入谷駅
2番出口から徒歩1分ほどの場所にある。
4018140416_01.jpg

2013年2月14日移転復活オープンの
明治元年創業の匠の技を存分に堪能することができる、日々進化し続けるうなぎ屋さん。



お店外観はこんな感じ。
4018140416_02.jpg



まずは、エビス 中生(¥580+税) で喉を潤す。
4018140416_03.jpg

ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!

ぷはぁあ~!




続いてお通しの うなぎとクリームチーズの酒盗和え(¥300+税) 登場。
4018140416_04.jpg

サラダの上に、うなぎの洗い、クリームチーズ、まぐろの酒盗をのせた一品。

んー、お酒がすすむ!




そして、うざく(¥1,550+税)
4018140416_05.jpg


きゅうりと一緒に ひょいっ!
4018140416_06.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


温かい鰻に冷たいきゅうり! そこにあわさる程よい酢加減!

これまたお酒がすすむ味わい!




というわけで、仙禽(せんきん) 初漕 直汲み あらばしり(¥950+税) を注文。
4018140416_09.jpg

ごきゅっ!

フルーティな香りとフレッシュな甘味&酸味のバランスが絶妙な栃木県産日本酒。




さらに、うなぎのハーブソテー トリュフ添え(¥1,850+税)
4018140416_07.jpg

うなぎをハーブでソテーし、トリュフを添えた一品。


トリュフと一緒に ひょいっ!
4018140416_08.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


香ばしく焼き上げられたハーブ風味のうなぎにあわさるトフュフ香!

これまた、たまらないお味!




そして、うなコロッケ(¥1,650+税)
4018140416_10.jpg


ひょいっ!
4018140416_11.jpg

がぶぅ!

(*´Д`)ンマー!!


サクサクの衣の中には、クリーミーなポテト、そしてところどころに散りばめられた蒲焼き!

蒲焼きのタレの味がほんのりと効いて、抜群の味わーい!




さらにさらに、特製やきとり(塩味、たれ味)(¥480+税×2)
4018140416_12.jpg

ばくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


やわらかい上にふわっとした食感の鶏モモ肉!

うなぎ職人が焼き上げているだけあって、鶏の焼き加減も秀逸!



と、一品料理を堪能したところで次はいよいよメイン!




登場したのは、ひつまうな太郎(岩塩焼き)(¥4,800+税)
4018140416_13.jpg


じゃん!
4018140416_14.jpg



岩塩でカリッと焼き上げた、のだやオリジナルの塩ひつまぶし!
4018140416_15.jpg

うな肝が揃った時にしかいただくことのできない限定メニュー!




白米の上にのるのは、三河一色産うなぎの塩焼き
4018140416_16.jpg



さらにサイドには、ふんだんにのせられた うな肝焼き
4018140416_17.jpg



そして、薬味(わさび、刻みのり、青ねぎ)
4018140416_18.jpg


肝吸い
4018140416_19.jpg


香の物
4018140416_20.jpg




早速、いただく。
4018140416_21.jpg



まずは「そのまま」
4018140416_22.jpg


ひょいっ!
4018140416_23.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


ふっくら食感の塩焼きのうなぎから感じられるのは、うなぎ本来の旨味と甘味!

そして、ところどころに感じる岩塩のカリッ!っとした心地よい食感!

まさに、岩塩焼きのうなぎならではのおいしさっ!



そして、「ひつまぶしの楽しみ」はこれだけで終わらないのが嬉しいところ!



というわけで続いて、「薬味を添えて」
4018140416_24.jpg

がぶぅ!

(*´Д`)ンマー!!



さらに、「緑茶をかけてお茶漬け風に」
4018140416_25.jpg

さらさらさら~!

(*´Д`)ンマー!!


肝のコリコリ食感と程よい苦味がこれまた、クセになる味わい!

肝お茶漬け、サイコー!




さらに、ひつまうな太郎(たれ焼き)(¥4,800+税) の方もいただいてみる。
4018140416_26.jpg


同様にまずは、「そのまま」
4018140416_27.jpg



「薬味を添えて」
4018140416_28.jpg



「吸い地をかけてお茶漬け風に」
4018140416_29.jpg


(*´Д`)ンマー!! (*´Д`)ンマー!! (*´Д`)ンマー!!


うなぎの脂とあっさりめのタレのコクがあわさることで、これまた絶妙なバランスの味わいに!

たれ焼きのひつまぶしも抜群のおいしさ!





というわけでそのまま一気に、



ばくっ!ばくっ!ばくっ!



っと、絶品うなぎ料理を堪能。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.8点)
   量  :☆☆☆☆(4.5点)
   値段 :☆☆☆(3.3点)

   総合 :☆☆☆☆(4.7点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


うざく!ハーブソテー!コロッケ!ひつまぶし!とうなぎ尽くしを存分に堪能!

いやはや、どれも抜群のおいしさで、まさに匠の技が光る品々!

まさに至福のひととき!


これらのうなぎ料理を食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:東京都台東区下谷2-3-1
電話:03-3874-1855
時間:火~日11:30~15:00, 17:30~21:00
定休:月曜(祝祭日の場合は営業)
HP :http://www.at-ml.jp/67764
食べログ:入谷鬼子母神門前のだやうなぎ / 入谷駅鶯谷駅上野駅




うなぎ 入谷鬼子母神門前のだや@入谷 [└ うなぎ]

東京都台東区入谷の 入谷鬼子母神門前のだやうなぎ を食す。


最寄り駅は東京メトロ日比谷線入谷駅
2番出口から徒歩1分ほどの場所にある。
3317090914_01.jpg

2013年2月14日移転復活オープンの
明治元年創業の鰻職人専門の調理士会直営の鰻屋さん。



メニューはこんな感じ。

ドリンクメニュー。
3317090914_02.jpg

3317090914_03.jpg


うな重、コースメニュー。
3317090914_04.jpg


ひつまぶしメニュー。
3317090914_31.jpg


本日のおすすめ、秋のコースメニュー。
3317090914_05.jpg


一品料理、天ぷら、デザートメニュー。
3317090914_06.jpg


うなぎ点心、西京焼きメニュー。
3317090914_07.jpg


そして、限定メニュー。
3317090914_08.jpg

定番のうな重から点心などのオリジナルメニューと豊富な品数!




まずは、エビス 中生(¥626) で喉を潤す。
3317090914_09.jpg

ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!

ぷはぁあ~!



そして、お通しの うなぎの骨煎餅(¥324)
3317090914_10.jpg

ポリポリ。

香ばしい上に食感も良く、おいしい~!



最初に登場したのは、うら梅造り(¥1,782)
3317090914_11.jpg

うなぎの酢〆!


梅肉をのせて、ひょいっ!
3317090914_12.jpg

ぱくぅ!


(*´Д`)ンマー!!


絶妙な酢加減! 梅肉と相まっておいしい~!

うなぎの酢〆なんて初めてだけど、これはお酒がすすむ一品!




というわけで、山間(やんま)(¥1,026) を注文。
3317090914_15.jpg

新潟県の特別純米 かめ口直詰め(生酒)。

芳醇で口当たりまろやか!



続いて、うなぎ春巻(¥1,782)
3317090914_13.jpg

うなぎを使用したオリジナル点心!


ひょいっ!
3317090914_14.jpg

ぱりっ!


(*´Д`)ンマー!!


ウナギとホタテの旨味がぎっしり詰まった春巻き!

ふわふわの身とパリパリの皮の相性ばっちり!




さらに、うなぎ焼売(¥1,782)
3317090914_16.jpg

オリジナルうなぎ点心二連チャン!


からしをのせて、
3317090914_17.jpg

ぱくぅ!


(*´Д`)ンマー!!


ふわっ!ふわっ!

口の中からあふれ出すうなぎの旨味がたまらない!



日本酒もすすみ、続いて ロ万(ろまん)(¥918) をいただく。
3317090914_19.jpg

福島県の特別無濾過1回火入。

力強い旨味と抜群の甘味が良いね!




そして、特製やきとり(塩、たれ)(¥480×2)
3317090914_18.jpg

ばくぅ!


(*´Д`)ンマー!!


うなぎ職人が焼き上げているだけあって、ばっちりの焼き加減!

その上、一本100gもあるので食べごたえ抜群!




一品料理とお酒を堪能したところで、次はいよいよメイン!



割き、蒸し、焼きの30分を経て登場したのは、 きょうすい うな太郎(¥6,912)
3317090914_20.jpg

入荷した日にしかいただくことができない限定裏メニュー!



白米の上にのるのは、うなぎの蒲焼
3317090914_21.jpg

いにしえの天然うなぎに最も近いと言われる幻の“共水うなぎ”!



う巻き
3317090914_22.jpg

うなぎの蒲焼きを芯にして巻いた卵焼き!



うな団子
3317090914_23.jpg

たれ味、しお味の2種の鰻団子!



さらに、きも吸香の物 付き。
3317090914_24.jpg




早速、共水うなぎの蒲焼からいただく。
ひょいっ!
3317090914_25.jpg

ぱくぅ!


(*´Д`)ンマー!!



口の中に入れた瞬間にほろっと身がとろけるほどのふっくら加減!

さらに、絶妙な白米の炊き加減! そして、あっさりめのタレ!


鰻、白米、タレによる華麗なる三重奏が口の中で広がる!



続いて、う巻き
3317090914_26.jpg

たまらないくらいのふわっふわっ食感!



そして、うな団子
3317090914_27.jpg

外こんがり、中フワフワの見事な食のコントラスト!



ばくっ!ばくっ!ばくっ!



っと、至福のひと時を存分に堪能!




そして〆に、季節のデザート(¥810)
3317090914_28.jpg


ただのデザートかと思いきや、

なんとソースにはウナギのたれを使用!
3317090914_30.jpg


さらに、アイスの上にかかるのはシナモンとうなぎの骨パウダー!
3317090914_29.jpg

どこまでもうなぎづくし!



そのまま一気に、


ばくっ!ばくっ!ばくっ!


っと、完食。


_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :★★★★★(5.0点)
   量  :☆☆☆☆(4.5点)
   値段 :☆☆☆(3.0点)

   総合 :☆☆☆☆(4.7点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


匠の技による華麗なるうなぎ尽くしを存分に堪能!

焼売からうな重までどれをとってもクオリティ高い品々!

思い出しただけでもよだれが。。。

まさに感動の一言!


このうなぎを食べたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:東京都台東区下谷2-3-1
電話:03-3874-1855
時間:火~日11:30~15:00, 17:30~22:00
定休:月曜(祝祭日の場合は営業)
HP :http://www.at-ml.jp/67764
食べログ:入谷鬼子母神門前のだやうなぎ / 入谷駅鶯谷駅上野駅




前の3件 | - └ うなぎ ブログトップ